• 2016/08/18

SWEDEN滞在記 5

SWEDEN滞在記 5

480 640 TETSUZINE

振り返ってみれば、今回の旅は音楽以上に、人とのつながりが全てだったなぁ。このツアーバスを早朝から深夜まで運転して各地に連れて行ってくれたKentさん、完全にツアーメンバーの一人になっていました。日本の家紋からお寺の卍の話になってヒットラーの話に及んだり、メンバーのこととかもちゃんと理解してて、お別れの時は涙してくれてたのが全て物語ってました。

IMG_6904

30名を超える参加メンバーはコテージに分かれて生活をすることに。私は#1コテージで相方のkou.Kasstrick ShownMaya Bergman、そしてカメラマンのEllenote の5人のメンバー。みんな個性的で、英語と日本語が飛び交う2週間。そのままいたら、もう少し英語できるようになってたかも。他のコテージからの来客も絶えなくて、めまぐるしい毎日に忙殺されながらもこの生活はとっても楽しかった。

IMG_6779

そのハイライトがコレ!Elleはそもそもプロ級のシンガーってことが驚きだし、Shownが戸棚から取り出してきたのは塩!いつしか何の不思議もなく盛り上がるフレンドシップができていたのは、ここの環境のせいなのかな。

彼らの存在も大きかった。Cholera Jasna《コレラ・ヤスナ》のAlbin Jansson, Tobias Backman, Lars Åhrberg, Emil Rönnlund。
13901468_1780522362230919_8704620424846981443_n

彼らが1日目の夜に全員でうちのコテージに遊びに来てくれて、まだバンドメンバーとは知らずに、KASSTRICK BACTERIAのヒロキくんと一緒に、メンバーの名前を漢字にしたりしてた時には、その数日後まさかStockholmで一緒にGigをするとは想像だにしなかったわけで。
IMG_6888

ポテサラの一件の後、『君にプレゼントだ』ってリボンかけて持ってきてくれたりねwww これは、さーらーにクリーミーで本当美味しかったよ!

IMG_6793

勿論この方の存在も。RockFord Recordsのケンジさん。彼がいなかったら、間違いなくここには来ていなかった。現地で数々の難題が起こった時も、さりげなくまとめようとする姿。身を挺してバックヤードに徹する姿。

IMG_6937

日本の音楽業界のトップを見てる人が、敢えて挑戦する道を選び、ストレートに体を張る姿をずっと見てきてて。最後のこのステージでは涙が止まりませんでした、みんなには気付かれないように前にいたけど。

IMG_7046

AuraのRedsさんKoRedsさん、RockFordの千葉さん始め日本のスタッフ、スウェーデンのミュージシャン・スタッフ、みんなを紹介したいけど、これはきっとまた会えることを信じて次回に。

13892124_10102664811713127_8119700332579794829_n

本当にありがとう、THANK YOU SO MUCH!!! Tusen tack!!!

コメント

1 comment

Leave a Reply