エンタテインメント系

26 9月 2011

世界最大のパックマン

もうね、絶対制覇できないよ。 オレが見た時で、全部で62,633面あるってw というわけで、おいらも一面増やしておきました、62,634面目。 http://worldsbiggestpacman.com/play/#-112,-453 しまった、脱出経路を一つしか作って無いじゃないか! 自分で作った罠にひっかかるとむかつくぞ。 というわけで昔から、迷路作るの好きなふじきでした。

13 9月 2010

toilet

そう。突然ぎょうざを食べたくなったのは、こいつのせい↓ そう、TOTOのウォシュレット というてもわからんわな。 この日本が誇るテクノロジーと文化を余すところ無く描いた映画(!?)『トイレット』に登場する餃子がなんとも美味しそうだったのね。 もちろん、ストーリーはそれだけじゃなく。 予告編からは全く予想のつかないお話、緩やかな空気感につつまれたいい映画でした。 個人的には、RAYくんがもうこの世を去った大学の友人にあまりにそっくりのため、なんか不思議な感覚でした。 で、その威力を実際に確かめるべくTOTOのショールームへ。 ショールームのある階のトイレが、ウォシュレットの体験を兼ねてちゃんと新型が設置してあるのですよ。いやあ、あのマッサージ機能は「あんびりーばぼーー!!」 病み付きになるのわかりますわぁ〜

Disney’s World of Color

カリフォルニアディズニーのエンターテインメントショー「Disney's World of Color」 liquid paintと呼ばれる1200発のLEDライティングされた噴水システムと3基のウォータースクリーンに映るPANIの映像。そこにバリライト、フルカラーレーザーとファイアー。ひとつひとつは見た事あるものが、これだけの数を完璧にコントロール、かつ有機的にプログラミングされているのが驚き! そしてディズニーの持つコンテンツ力。 アクターが登場しない30分近くのショータイムを全く飽きる事なく観れるというのはかなりスゴい事。 新旧ディズニーの世界を表現する事で、観客を完璧に引き込む事に成功している。 コンテンツを変えれば、また違った展開に出来るのもこのシステムの素晴らしさですな。 このショーはちゃんと予約してみるのが良いらしいですが、日本からじゃねぇ… ということでYouTubeを探しましたヨ! それでは30分観る準備はできましたか? 風向きによっては、水がかかる事がありますのでご注意を。 (HDモードでみることをオススメします。途切れる場合は右下の720pを切り替える) ではどうぞごゆっくり。 World of Color world premiere full show at the Disney California Adventure theme park このムービーを大きく観るだけのために、このブログの横幅変えました。 しかし金かかってんなぁ、これ。