• 2011/10/08

マンガの街、石巻へ行くの巻 1

マンガの街、石巻へ行くの巻 1

853 640 TETSUZINE

ずっとずっと、なんか行かなきゃと気になっていた場所へ。

ボランティアという志ではなく、ただ行って「寸志」をしてくるだけ、それだけでも行きたいと。

早朝のやまびこで発ち、仙石(せんせき)線へ乗り換え。列車は休日なのにたくさんの人であふれていました。


未だ不通箇所が長区間残る仙石線。普通に石巻まで切符を買うんだけど途中の「松島海岸」で一度降りてバスに乗り換えます。

駅交番の掲示板「前進松島」、お寺の住職の書。

大型バスに乗り換え「矢本駅」を目指す。

途中、隣に座っていたおじさまが”Do you understand English?”と。それまで外国人とも気づかずに座ってたんだけども、聞けばオーストラリアから震災の様子を見に来たのだとか。

それなら一緒に行こうということで意気投合。

海岸線近くを走るバスから外を見ると、激しく傷ついたまま全く手つかずの家が突然現れる。おそらくあの野蒜(のびる)駅の周辺なのだろうが、いま自分たちがいるその場所で起きた惨事のことを考えると、愕然となる。

一体、石巻はどれほど酷かったのだろう。これから向かう目的地のことを思ってちょっと不安になった。

ようやく石巻駅についてみると、とても落ち着いた日常にみえる。何がそんなに酷かったんだ?と疑問になるくらいの光景。駅前から普通にタクシーに乗って、市内が一望できるという「日和山(ひよりやま)公園」へ。

ここで、ちょっと現実が見える。

幸いにも今日はとても天気もよく、公園なので親子で遊びにきていたりと、とても和やかな雰囲気。

小腹がすいたねーと公園のお店で、”石巻焼きそば”と”みそおでん”を頂く。どちらもとても美味しいと喜んでもらってよかった。

彼は今日中に名古屋に行かなきゃというので、直通の高速バスを教えてあげてさよなら。おいらの拙い英語でも、なんとかかんとか案内できたかな。

いつかオーストラリアいけるといいな。

コメント

Leave a Reply